2006年12月25日

あと、81日

さてさて、旅についての考えを書く、とのことでしたので、書こうかと思います。

まず始めに、haameyのたびのテーマソングを聴いてください。
モモさんのHPから聴いてください。

①異邦人/久保田早紀/1979
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/ihoujin.htm

②いい日旅立ち/山口百恵/1978
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/iihi_tabidachi.htm

③いい日旅立ち・西へ/鬼束ちひろ/2003
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/iihi_tabidachi_nishie.htm

④旅立ちの時/宮沢和史/1998
http://momo-mid.com/mu_title/tabidachino_toki.htm


結構聞いたことある曲ばかりではあると思います。
簡単に言うと、この4つの曲で、haameyの世界観は語れるわけであります。
だから、何度も何度も聴いてください。何度も聴いて、そのリズムと歌詞を何度も何度も考えて、そうしているうちに旅の本質は見えてくるのではないかと思います。
これらの曲を聴いてわかるように、haameyの一番楽しみな時は電車の中から見る、街、里、山、海、そういうものです。だから、今回の旅も電車の中で費やされる時間が一番大きいと思います。

で、旅には何点かその効用がありまして。
過去の結集
現在の静養
未来の昇華
過去を見つめ、今安らぎ、未来へつなげる。まぁ、何がいいたいか、旅に出てみればわかります。電車の中はゆっくり過ごしましょうね。

とにかく、まずは、上の4曲をじっくり何度も何度も聴いてください。
そうしたら、今回の旅は充実したものになると思います。



ところで、今年の年賀状は、男子30枚、女子21枚、計51枚でした。
全5種類ですかね。今回は自分で作りました。ですな。に送ったのは、異色を放ってます。びっくりします。他のメンバーにもそれ送ろうとしたんですが、これは、年賀状なんで、自制しましたw
て、ですな。にはどんなの送ったんだって話ですよね。楽しみにしていてください。

ではでは。旅に関してはまた今日のうちに書くと思います。

4 件のコメント:

不定詩 さんのコメント...

じっくりでは無いけど、一通り聴いてみました。
旅には風があるんだなと感じました。
どこか憂愁を思い出させます。
中学の頃の国語の教科書に載ってた峠の詩に近い心が湧いてきました。
また、コメントします。

ですな。 さんのコメント...

僕も一通り聞きましたよーb
何か・・・
ここに書き出すのも億劫なくらい
たくさんのことが思い出された(´ー`)

不定詩さんと同じで、
僕もかつての日記にとりあげ、
かつ憧れた、あの峠の詩が思い出された・・・♪

んで、僕への年賀状だけ異彩を放っているということですがァー・・・w
まぁ楽しみにしてますよ(´∀`;)w
どんなものであれ年賀状来たら嬉しいしねbw

じゃあ明日は楽しもう!!!!

haamey さんのコメント...

そうです。私たちは、「ただの通りすがり」

でも、その中に自分の一生を決める出会いがある。

相手は、人かもしれないし、山か、川か、空か、海か、はたまた街か。

通りすがり。自分は、この21世紀から見てもただの通りすがり。

そして、ゆらゆらとさまよう。

by異邦人

また、旅にでよう。きっと来年の今頃、こういっているに違いない。
「そうだ、日本へ行こう」

匿名 さんのコメント...

I like reading an article that will make men and women think.
Also, thank you for allowing me to comment!

Here is my web blog :: Alore Wrinkle Cream